1. HOME
  2. ブログ
  3. 高級食パンとスーパーで購入できる食パンは何が違うのか

高級食パンとスーパーで購入できる食パンは何が違うのか

高級食パンとスーパーで購入することができる食パンにはどのような違いがあるのでしょうか?価格が違うというのは多くの人が理解しているでしょうが、それ以外の違いについて紹介します。

■高級食パンとスーパーで購入できる食パンの違いとは

高級食パンは、今や人気商品となっています。お店によっては予約が困難になっている、購入するために行列ができているということも珍しくありません。ですが、高級食パンとスーパーで購入できる食パンの違いがよくわからないという人も多いでしょう。

そこで、違いについて紹介します。

〇添加物

高級食パンとスーパーで購入できる食パンの大きな違いとして挙げられるのが添加物です。スーパーで購入することができる食パンの多くには添加物が使用されています。添加物は体に良いというものではありません。様々な健康リスクをもたらすものです。

そのため、添加物不使用なものを食べるほうが安全と言えます。高級食パンの多くは、市販の食パンのような添加物が含まれていない、不使用なものが多いので、子供から大人まで安心して食べることができるのが大きな魅力です。

〇消費期限

消費期限の違いというのも大きな違いです。高級食パンの場合には常温で、直射日光や高温多湿などの環境を避ければ約3~4日となっています。スーパーなどで購入できる食パンと比べると少し期限が短いというのがほとんどです。

  • 高級食パンには添加物が少なくスーパーの食パンに多いのはなぜ?

一般的に、高級食パンには添加物不使用のものが多く、スーパーで購入できる食パンには添加物が多く含まれていると言われています。なぜ、添加物が多く含まれているのでしょうか?その理由を解説します。

〇長持ちさせるため

添加物が使われる大きな理由の1つは、食パンを長持ちさせるためです。保存料などを使う事によって、腐敗、劣化を遅くすることができ、結果長持ちします。

〇味を安定させるため

それから、添加物を使う理由としては味を安定させることができるために使われます。添加物を使って味を安定させることによって大量生産が可能となり、コストも下げられるためほとんどのものに添加物が使用されるのです。

■まとめ

一般的に高級食パンとスーパーで購入できる食パンには添加物が入っているか、入っていないかという違いがあります。多くの高級食パンには添加物が含まれていません。添加物は健康リスクもあるので、できるだけ避けるのがよいでしょう。とくに、子供などにはできるだけ添加物不使用の高級食パンがおすすめです。