1. HOME
  2. ブログ
  3. 高級食パンを炎天下に放置してしまった!食べても大丈夫?

高級食パンを炎天下に放置してしまった!食べても大丈夫?

購入した高級食パンを、うっかり炎天下に放置してしまった経験はありませんか?

今回は、炎天下で放置してしまった高級食パンを食べても大丈夫かどうかを解説しています。悩んだときには、ぜひ参考にしてみてください。

■高級食パンを炎天下に放置してしまった!食べても大丈夫?

高級食パンは、直射日光や高温多湿を避けて保存しなければなりません。条件が悪ければ、少しの時間でも劣化してしまうことがあります。

高級食パンは、素材の品質を大切にしながら、こだわりの製法で焼きあげられる食パンです。保存性を高める添加物が使われていません。

炎天下のような過酷な環境では、高級食パンの上質な味わいが損なわれているかもしれません。

高級食パンを炎天下に放置してしまった場合には、状態をしっかりと把握しながら、注意して食べましょう。

■炎天下に放置してしまった高級食パンを食べても大丈夫かどうかの見分け方

炎天下に放置してしまった高級食パンを食べても大丈夫かどうか、心配になることがあると思います。

そこで、食べても良いかどうかを判断するときには、どのように判断すればよいか、見分け方について解説します。

高級食パンが腐ってしまう原因についても紹介していますので、対策する際に役立ててみてください。

〇炎天下に放置してしまった高級食パンを食べても大丈夫かどうかの見分け方

焼きたての高級食パンを購入しても、炎天下に放置してしまった場合には、風味や味わい、状態等が劣化している可能性が考えられます。以下の点に注意しながら、食べても大丈夫かどうかを見分けましょう。

・嫌な匂いがしないか(酸っぱい、アンモニア臭、腐敗臭)

・変な味がしないか(酸味、苦み)

・糸を引かないか

・カビが生えていないか

ひとつでもあてはまったり違和感があったりする場合は、すぐに食べるのをやめて廃棄してください。

〇高級食パンが腐ってしまう原因

高級食パンは、他の食パンと比べて水分量が多いことが特徴で、しっとりとやわらかい食感を引き出しています。

しかし、水分量が多い状態は、カビの増殖しやすい環境です。また、炎天下では菌が活発に活動できることが、高級食パンが腐ってしまう原因となります。

炎天下が続く夏季は、食中毒を引き起こしてしまう可能性があるため、特に注意が必要です。

炎天下に高級食パンを購入する際には、保冷バック等を活用しながら、高温多湿を避けるように対策しましょう。また、室内が高温になりやすい車では、エアコンの近くで管理することも効果的です。

■まとめ

高級食パンを炎天下に放置すると、品質が低下したり、腐ってしまったりすることが考えられます。まずは、高級食パンをおいしく食べるためにも、炎天下に放置しないようにしましょう。そして、できるだけ早く直射日光が当たらない場所で保存することが大切です。