1. HOME
  2. ブログ
  3. 食パンを焼かないで食べる美味しさやメリットとは

食パンを焼かないで食べる美味しさやメリットとは

あなたは食パン食べるとき、焼くほうが好きですか?焼かないほうが好きですか?

今回は食パンを焼かないで食べる美味しさやメリットにスポットを当ててみました。

■焼かない食パンの美味しさや魅力は?

食パンを焼かないで食べる美味しさや魅力とは、どのようなところにあるのでしょうか。

〇食パンを焼かないで食べると美味しい理由

食パンを焼かないで食べると、食パンそのものの甘みや柔らかい食感を堪能できる点が魅力です。

逆に言うと、焼かなくてもしっとり・ふかふか・もっちりといった食感を楽しめる味わい深さのある食パンこそが、本当に美味しい食パンといえるのかもしれません。

〇食パンを焼かないことのメリット

食パンを焼いて食べると、マーガリンやバターを塗りすぎてしまう人も多いのではないでしょうか。

食パンを焼かないことは、カロリー過多を抑えることもできます。また、焼かない食パンの方が焼いた食パンよりも腹持ちが良いので、食べ過ぎ防止にもおすすめです。

■焼かない食パンといえばサンドイッチ

食パンを焼かないで食べるメニューの王道といえばサンドイッチですよね。

食パンにハムや卵、ツナ、チーズ、野菜などをはさんだバラエティ豊かなサンドイッチは、食べやすく弁当や軽食にも大人気です。

最近ではフルーツやクリームをはさんだスイーツ系サンドイッチなども登場しており、やはりサンドイッチには焼かない食パンが合う!という人も多いと思います。

■コレを塗るなら食パンは焼かないほうがおススメ!

マーガリンとシュガー、バター、マヨネーズなどは焼いた食パンとも焼かない食パンとも相性抜群の鉄板食材です。

でも、これを塗るなら食パンは焼かない方がおすすめという食材もあります。

〇ジャム

焼かない食パンにストロベリーやブルーベリーのジャム、オレンジママレードなどを塗るのが好きな人はたくさんいます。

ジャムの味や果肉感をたっぷり楽しめるのは焼かない食パンで味わう魅力ですよね。

〇ピーナツバターやクリーム

ピーナツバターは溶けていないほうが、美味しさが際立ちます。そのため、食パンは焼かないほうがおすすめです。

また、ホイップクリームをはじめとするクリーム全般は、焼かない食パンと共にそのなめらかさを味わいましょう。

〇あんこ

あんこを合わせるときも、焼かない食パンのほうがあんこのしっとりとした食感を楽しめます。あんこと生クリームを食パンにはさむのも美味しい組み合わせです。

〇はちみつ

食パンにはちみつを塗ると、独特のザクザクとした食感を楽しむことができます。これは焼かない食パンならではの美味しさですのでぜひお試しください。

■焼かない!レンジを使って食パンを温かくするのもおすすめ

食パンを、トースターでは焼かないで、電子レンジで温めるという方法もおすすめです。

できたてのような温かさとふんわり感を再現できるのが魅力です。

食パンはレンジにかけすぎたりかけた後に時間が経つとかたくなってしまいますので、加熱するときは注意しましょう。

■まとめ

食パンを焼かないで食べる美味しさや魅力についてご紹介しました。

焼かない食パンには、食パンそのもののおいしさを実感できたり、カロリーの摂りすぎを抑えられるなどの良さがあります。

高級食パン専門店「忠み」の食パンも、焼かないで食べてもおいしいですよ。ぜひ、召し上がってみてくださいね。