1. HOME
  2. ブログ
  3. 【要注意!】高級食パンは1歳未満の赤ちゃんは食べたらダメ?

【要注意!】高級食パンは1歳未満の赤ちゃんは食べたらダメ?

高級食パンはやわらかくフワフワしているので、見た目には小さな赤ちゃんでも食べられると思われがちです。

しかし1歳に満たない赤ちゃんは、材料によって思わぬ病気を引き起こすかもしれないので注意が必要です。

今回は、高級食パンに含まれる注意すべき材料や、食べられる年齢について紹介します。ぜひ参考にして、安心して高級食パンを召し上がってくださいね。

■高級食パンは1歳未満にはNG

高級食パンには、はちみつが入っているものがあります。

はちみつは「乳児ボツリヌス症」という病気を引き起こす恐れがあり、体の発達がまだ不十分である1歳に満たない赤ちゃんに食べさせるのは危険です。

ボツリヌス菌は120℃で4分以上という状態で加熱しなければ、殺菌できないと言われています。

パンを焼くときにはそれ以上の温度と時間で焼くのでボツリヌス菌は死滅するはずですが、1歳未満の子どもには安全のために食べさせないようにしましょう。

■1歳になればはちみつを含んだものを食べさせても大丈夫?

はちみつは満1歳を過ぎれば食べても問題ないという目安にはなりますが、あくまでも目安なので注意は必要です。

はちみつに限りませんが、赤ちゃんが初めての食材を口にするときには体調がいい日を選んだり、少量ずつ様子を見ながら食べさせたりなどの工夫をしてください。

また、高級食パンには、はちみつ以外にもアレルゲンとなりうるものが含まれている場合があります。卵や牛乳など、アレルゲンとなるものがあるかもしれないので、食べさせる前に小児科医に相談をすると安心です。

■1歳をすぎたら高級食パンも離乳食としてぜひ!

1歳をすぎて少し大きくなってきたら、アレルゲンとなる材料に問題がなければ離乳食として高級食パンを食べることができます。

パンの種類としては菓子パンや総菜パンのようなものではなく、シンプルなものがおすすめです。高級食パンはシンプルな材料のみで作られているものもあります。

材料を確認して赤ちゃんの離乳食としてもぜひ食べさせてあげてみてくださいね。

■まとめ

高級食パンの中には、はちみつを使用しているものもあり、はちみつは1歳未満の赤ちゃんにはおすすめできません。

そのため、はちみつを含んだ高級食パンを食べさせるのは1歳をすぎてからにしてください。いきなりたくさんの量を与えるのではなく、調子のいい日に少しの量から食べさせてあげましょう。

シンプルな材料を使っている高級食パンもたくさんあるのでぜひ離乳食に取り入れてみてくださいね。ただしアレルゲンとなる材料が入っている場合があるので食物アレルギーがある子は、事前に小児科医に確認をすることをおすすめします。