1. HOME
  2. ブログ
  3. 変な名前の高級食パン専門店が登場し続けています!

変な名前の高級食パン専門店が登場し続けています!

近年、高級食パンがブームになっています。都市部だけでなく、地方へも広がりを見せ、専門店がたくさんオープンしていますよね。

そんな高級食パンのお店の名前ですが、変な名前のお店が多いと思いませんか?

「なぜその名前なのだろう。」と不思議に思ってしまう名前を、見つけたことがあるかもしれません。

今回は、変な名前の高級食パンの専門店について調べてみました。

■変な名前の高級食パン店が急増中!

全国的に変な名前の高級食パン店が増えています。

都内を中心に大阪や福岡などの主要都市にもたくさんの高級食パン専門店がありますが、『まじヤバくない?』と問いかける漢字のネーミングや、静岡県では『すでに富士山超えてます』といったその土地に合わせた名前などバラエティ豊かな店名がたくさんあります。

『あらやだ奥さん』なんていう、思わずクスっと笑ってしまうようなお店もありますよ。一目見ただけで忘れられなくなりそうですね。

○高級食パン店に変な名前が多いのはなぜ?

高級食パン専門店に変な名前が多い理由は、やはり、たくさんのお客さんに覚えてもらうためでしょう。

インパクト十分の凝った名前には、一度見ると忘れられない衝撃があります。

店名だけ見るとパンを売っていることもわからないので「何のお店なんだろう?」と興味もわいてきます。

たとえパンに興味がない人でも印象に残ることは間違いないのではないでしょうか?面白そうだからちょっとお店に入ってみようと思い、名前のおかげで来店する人も多いのです。

■変な名前の高級食パン店の魅力

変な名前の高級食パン店の魅力は、単に名前が面白いというだけではなく、本格的な味なのに高級感が全くないふざけたネーミングというその「ギャップ」にあります。

一見するとウケを狙ったものを売っているのかと思われそうな名前だけれども、お店の中に入ってみれば本格的な味のする高級食パンが売られている…。

そんなギャップにハマってしまう人が多いのです。

■まとめ

変な名前の高級食パン専門店が全国で増えています。

インパクトが強い名前がついている理由は、消費者に強い印象を与えるためだと思われます。そして変な名前の最大の魅力は、ふざけた名前なのに高級な食パンを売っているというギャップです。

あなたも一風変わった名前のお店を見つけたらぜひ入ってみてくださいね。きっと美味しい高級食パンに出会えるはずです。

大阪の食パン専門店「忠み」は、変な名前ではありません…が、とってもおいしい高級食パンを販売しています。ぜひ、忠みの高級食パンも召し上がってみてください。