1. HOME
  2. ブログ
  3. 高級食パンはアレンジしてもっとおいしく食べよう!

高級食パンはアレンジしてもっとおいしく食べよう!

高級食パンは、そのまま食べても感動的においしいですが、アレンジを加えればさらに楽しみが広がります。

高級食パンは白いキャンバスのようなものです。スイーツでもイタリアンでも自由自在。作る楽しみと食べる楽しみの両方を味わってみませんか?

今回は、高級食パンをアレンジした、ケーキとビザ、食パンアートをご紹介します。

■高級食パンをアレンジしてケーキを作ろう!

高級食パンは材料が違います。こだわりの素材を厳選し、高級食材を贅沢に使っています。バターや生クリーム、ハチミツなどケーキを作るときのような素材でできているのです。

そのため生で食べても美味しいのですが、その美味しさを生かして高級食パンをケーキに変身させましょう。

スライスした高級食パン、生クリーム、ジャム、いちごなどのフルーツを用意して、パンの間にお好みではさむだけ。薄く切ったパンを3段か4段くらい重ねてみてください。

生クリームがパンにしみ込んでしっとりした食感は、まるでお店のケーキのよう。チョコクリームとバナナもおすすめです。高級食パンがあればスポンジを焼く手間もなく、すぐにケーキが作れますよ。

■高級食パンをアレンジしてピザを作ろう!

普通の食パンは耳が余りがちですが、高級食パンは耳までおいしいのが特徴です。

高級食パンの美味しい耳を利用してピザを作ってみませんか?高級食パンはカットされずに丸ごと売られていますから、耳の部分だけ切り落として使うことができます。

耐熱皿に食べやすい大きさに切った高級食パンの耳を並べ、ピザソース、ハム、玉ねぎ、ピーマン、チーズを並べオーブントースターで焼きます。

予め切ってあるので取り分けるのも簡単です。本物のビザのように、耳を丸い形に敷き詰めて焼いても楽しいでしょう。

■高級食パンをアレンジしてパンの上に絵を描こう!

高級食パンは素材の旨みを引き出すために、こだわりの製法で作られています。そのまま食べても美味しいのですが、パンの上にアートの才能を披露してみませんか?

パンの上にチョコペンで絵を描いてみましょう。カラフルなチョコペンが売られています。絵を描くのが得意な方でしたら、パンの上に名画を再現するのも可能ですね。モナリザや北斎の大波の絵とかを描くのも良いですし、好きなアニメの絵を描くのも楽しいです。

絵が苦手という方は、文字でメッセージを書いてみてはいかがでしょうか。朝ごはんのパンの上に優しい言葉やおもしろいメッセージが書いてあったら、一日元気に過ごせそうです。

■まとめ

高級食パンは何もつけずに生で食べても美味しいパンです。シンプルなだけにいろいろ手を加えて、自分好みにアレンジする楽しみもあります。

高級食パンを買ったら、まずはそのまま生で食べて、素材そのもののおいしさを味わってみてください。

その次はあなたの思うようにアレンジしてみましょう。忠みの高級食パンも、ぜひ、自分だけのアレンジをして、楽しく召し上がってみてくださいね。