1. HOME
  2. ブログ
  3. 高級食パンはトーストしなくてもおいしいのが魅力!

高級食パンはトーストしなくてもおいしいのが魅力!

近年、高級食パンがブームです。

ブームになっている理由はいろいろありますが、最大の理由は、高級食パンはトーストしなくてもおいしく食べられる食パンであることと言えるでしょう。

今までは、食パンを食べる手段にはトーストが当たり前でした。そのような食パンの常識をひっくり返したのが高級食パンです。

今回は、高級食がブームになった理由やブームが衰えない理由や、普通の食パンとは違う高級食パンの特徴を紹介します。

■トーストしない食パンがブームになった理由

全国で高級食パンの専門店が増え続け、各お店が独自のこだわりで高級食パンを売り出しています。行列ができるほどの人気店も多く、まだまだブームは陰りを見せません。

食パンはトーストして食べるというのが私たちの定番でしたが、高級食パンは違います。

高級食パンは食感にこだわっており、トーストせずにそのまま食べることでふわふわもちもちの食感を味わうことができるのです。この“ふわふわもちもち”というのが高級食パンの最大の特徴であり、これまでになかったことでブームとなっているのです。

■なぜ食パンなのにトーストしなくてもおいしいの?

高級食パンは製造方法にこだわりがあります。

小麦粉にこだわる、水にこだわるなど、どんなこだわりがあるかはお店によってさまざまです。そして、どんな高級食パンも大きく機械に頼ることはなく、職人が手間暇かけて作っています。

値段も普通の食パンよりは高いですが、それだけの価値が高級食パンには備わっています。

■もちろん普通の食パンのようにトーストしてもOK

高級食パンは生で食べるとおいしいというのがウリですが、生でないとおいしくないというわけではありません。

食パンはトーストして食べたいという方はもちろんトーストして食べてもおいしく食べることができます。高級食パンをトーストすると、外はカリッと、中はもちもちという食感が楽しめるでしょう。

ぜひ、トーストした高級食パンも召し上がってみてくださいね。

また、高級食パンは香りよいです。絶品の香りも楽しんでください。

■まとめ

高級食パンは専門店が多くありますが、どのお店でも製造方法にこだわりがあり、職人の技術によって普通の食パンでは味わえない食感や味が表現されています。

そのまま生で食べてもトーストして食べても美味しいので、ぜひ両方試してみてください。一度食べればそのおいしさがわかりますよ。

高級食パン専門店「忠み」は自家製天然酵母種にこだわった高級食パンです。ぜひ忠みの食パンも召し上がってみてくださいね。