1. HOME
  2. ブログ
  3. パン屋さんのパンとスーパーのパンの違いとは?

パン屋さんのパンとスーパーのパンの違いとは?

パンは専門のパン屋さんで売っているものもあれば、スーパーに売っているものもありますよね。どちらのパンもおいしいものもあれば、そうでないものもあります。「パンを食べたいな」と思ったとき、どちらを食べようかな?と迷う人もいるかもしれません。

今回は、パン屋さんのパンとスーパーのパンの違い、メリットやデメリットについて紹介します。パン選びの参考にしてみてくださいね。

■パン屋さんのパンとスーパーのパン!それぞれのメリット・デメリットとは?

パン屋さんのパンとスーパーのパンにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

〇パン屋さんのパンのメリット・デメリット

パン屋さんのパンは焼きたてであることが多く、運が良ければ焼いた直後のパンを購入することができます。直後ではなくてもその日に焼いたものだけを置いているので、とても新鮮なパンを食べるのも魅力ですよね。

デメリットは値段です。大量生産しているわけではないので一個分の値段はどうしても高くなってしまいます。また、人気のパンはすぐに売り切れてしまうこともあり、時間帯によっては品数が少ないというのもデメリットの1つと言えるでしょう。

〇スーパーのパンのメリット・デメリット

スーパーのパンのメリットは値段が安いということが挙げられます。工場でたくさんの量のパンを生産しているので一個分の値段を安く抑えることができます。また、一つのお店の中で野菜やお肉などの買い物と一緒に買うことができるというのもメリットです。

一方デメリットとしては専門店のような焼き立て感を味わうことができないという点です。長く保存できるように製造されるスーパーのパンは、焼きたての食感を味わうのが難しいというのが大きなデメリットと言えるでしょう。

■パン屋さんのパンとスーパーのパンの決定的な違いとは?

パン屋さんのパンとスーパーのパンの決定的な違いは手間とこだわりです。

パン屋さんのパンは職人がそのお店独自のこだわりで手間暇かけて製造しています。数ではなく、質で勝負するというのが特徴です。

一方スーパーのパンは量産化が一番の目的となっているので、できるだけ早くたくさん作るという製造をしています。商品のパッケージには、そのパンのこだわりが記載されていますが、専門店のこだわりにくらべるとやはり劣る部分があります。

■パン屋さんのパンとスーパーのパンはどちらを選ぶべき?

パン屋さんのパンとスーパーのパンはどちらにもメリット・デメリットがあります。パン好きな人はパン専門店以外のパンは食べないという人もいらっしゃいます。しかし一方で購入の手軽さや値段の理由からスーパーのパンが欠かせないという人もいらっしゃいます。

どちらにも良い点があるのでシーンによって買い分けるというのも良いでしょう。

例えば、毎日の朝食用にはスーパーのパンを買い、特別な日には専門店のパン屋さんでパンを選んでみてはいかがでしょうか。

■まとめ

パン屋さんのパンとスーパーのパンの違いについてご紹介しました。

どちらを選んだ方が良いのか、どちらが正解なのかということはありません。

目的やその日の気分によって選び、いろいろなパンをおいしく召し上がってみてくださいね。

大阪の高級食パン専門店「忠み」のパンもとてもおいしいので、ぜひ、食べてみてください。