1. HOME
  2. ブログ
  3. 食パンはトーストの仕方でよりおいしくなる!【パンの焼き方!】

食パンはトーストの仕方でよりおいしくなる!【パンの焼き方!】

喫茶店で食べるトーストはおいしいですよね。食パンを焼いてバターを塗っただけなのに、家で作るトーストとは、だいぶ違うと思ったことはありませんか?

おいしいトーストを作るのには、ちょっとしたコツが要ります。

今回は、おいしいパンの焼き方の基本編と応用編を紹介します。また、高級食パンで作るトーストがおいしい理由についても解説しますね。

■おいしいパンの焼き方【基本編】

おいしいトーストを作る基本は3つだけです。

・高温で焼く

・短時間で焼く

・熱いうちにバターを塗る

オーブントースターは予熱を忘れずにしてくださいね。トーストは、高温で、短時間で焼くのが鉄則です。目安は、200℃で3分くらいが目安です。

そして、オーブントースターの前から離れないようにしましょう。目で見て、しっかり焼き色を確認しましょう。

バターは使う分だけ室温に戻しておいて、やわらかい状態のものを塗りましょう。パンにバターがしみたら、アツアツのうちに召し上がれ。外はサクっと中はふんわり、バターのしみた部分はジューシーです。

■もっとおいしくなるパンの焼き方【応用編】

3つの基本がマスターできたら、次は応用編です。食パンをもっとおいしくするパンの焼き方を試してみましょう。

○パンに霧吹きで水を吹きかける

しっとりもっちりの食感がお好きな方は、焼く前に水分を加えておくとパンのモチモチ感が増します。

○パンに切れ目を入れると味が変わる

焼く前にパンに格子状の切れ目を入れてみてください。切れ目からバターが中までしみ込んで、よりジューシーさが味わえます。

○パンを2度焼きして、追いバターする

トースターで2分30秒焼いたらパンを取り出してバターを塗り、もう30秒焼きます。溶けたバターの上に、さらにバターを追加します。

バターの濃厚さと新鮮な香りが味わえる、贅沢なパンの焼き方です。

■高級食パンのトーストもおいしい!その理由とは?

高級食パンと違って、普通の食パンは切られた状態で売っています。すぐ使えるのは便利ですが、実はカットされることで乾燥が進み、パンの風味も飛んでしまう原因になります。

パンの厚さによっても、食感は変わってきます。薄切りの食パンをトーストすると、どうしてもパサつきがちになります。外はカリカリで中はもっちりを味わうためには、それなりのパンの厚さが必要なのです。

その点、カットされていない高級食パンなら、自分の好みの厚さに切って食べることができます。高級食パンは乾燥から守るためにも、焼く直前にカットするのがおすすめです。

■まとめ

おいしいパンの焼き方についてご紹介しました。おいしいトーストを作るには、予熱したオーブントースターで「高温短時間」に焼くのが重要なポイントです。

市販されている食パンも、当記事でご紹介した方法で焼けば、今よりずっとおいしくなると思いますよ。

また、高級食パンはそのまま食べてもおいしいですが、トーストしてバターがしみた「忠み」のパンも格別です。ぜひ、忠みの高級食パンで、おいしいトーストを作ってみてくださいね。