1. HOME
  2. ブログ
  3. いと旨し!な高級食パンが買える大阪の食パン専門店【忠み】

いと旨し!な高級食パンが買える大阪の食パン専門店【忠み】

高級食パンの激戦地、大阪で新たに食パン専門店がオープンしました!

自家製天然酵母を用いた【忠み】は、もちもちでふわっふわ。歴史と技術が融合したことで、「いと旨し!」な味わいが楽しめる高級食パンです。ぜひ、召し上がってみてくださいね。

ところで、「食パン」はいつ頃から食べられるようになったかご存じですか?

今回は、食パンの歴史と、高級食パン【忠み】のおいしい楽しみ方をご紹介します。

■「食パン」の歴史と言葉の由来

四角い型に入れて焼いたパンのことを食パンと呼びます。18世紀ごろにイギリスで作られるようになった山型食パンが原型です。

食パンという言葉の由来は諸説ありますが、そのうちの1つは「主食用のパン」の意味だと言われています。日本では明治初期に外国人向けに製造され、戦後は日本人の嗜好に合った食パンが販売されるようになりました。

食パンの消費量は、大阪などの関西圏で多くなっており、関西では最近、高級食パンが大人気です。

■高級食パンはそのまま生で食べるのが醍醐味!

高級食パンは、どれも生で食べるのが醍醐味!と言われますが、大阪の食パン専門店【忠み】の高級食パンも、ぜひ生で食べてみてください。いと旨し!な味わいが楽しめますよ。

何もつけず、トーストもせず、手でちぎって生のままで食べることで、パン本来のおいしさを味わっていただけます。しっとりしたやわらかさに驚かれることでしょう。

厳選した素材と手間暇かけた製法には自信があります。もちもちとした食感、きめ細やかな口どけとほどよい甘さは、毎日でも食べたくなること請け合いです。

○2日目以降は軽くトーストすると違った味わいが楽しめる

生で高級食パンを堪能した後は、軽くトーストしてみてください。パンの表面と内側、耳の3つの食感の違いが楽しめます。【忠み】は、耳までおいしいことが自慢です。

サクサクとしっとり、弾力のあるやわらかさが口の中で一度に感じられるのがトーストの醍醐味です。トーストしたパンの表面にバターを薄く塗ってみてください。

バターの染み込んだ部分はなんとも言えないおいしさです。バターの風味とパンの甘さが口の中にジュワーっと広がって、幸せな気分になりますよ。

大阪の食パン専門店【忠み】の高級食パンは、トーストすることで生とは違うおいしさが味わえます!

ぜひ、生でもトーストでも召し上がってみてくださいね。

■高級食パンは手土産やギフトにも最適です

日頃お世話になっている方への手土産に、食パン専門店の【忠み】はいかがでしょうか。

手土産といえば、お菓子や果物が定番かもしれません。しかし、違ったものを贈りたいとお考えでしたら、高級食パンも検討してみてください。

高級食パンは、今、とても話題になっているグルメなので、気になってはいたけれど、まだ食べたことがないという方も多いと思います。そういった方には、きっと喜んでいただけるでしょう。

もちろん、今までにいくつか高級食パンを食べたことがある!という方にも、【忠み】はおススメ。おいしい高級食パンは、手土産やギフトとしても、とても喜ばれます。

■まとめ

食パンはイギリスから伝わり、今では朝食に欠かせないものとなっています。

日本独自の進化を遂げ、近年、高級食パンが誕生しました。一般の食パンとは異なり、高級食パンにはそのまま生で食べておいしいという特徴があります。トーストすることで食感の変化も楽しめるのも大きな魅力です。

手土産や、いつも頑張っているご自身へのご褒美としてもおススメ。

大阪の食パン専門店【忠み】のいと旨し!な高級食パンを、ぜひ、皆さんで召し上がってみてくださいね。